女なのに毛が濃い原因と対策

女なのに毛が濃い!原因は遺伝やホルモンバランス

男性であれば男性ホルモンが多いことで、体毛が濃いのは普通のこととして捉えることができます。しかし女性でも毛量の多い人は少なくはなく、そこには遺伝やホルモンバランスという原因が、潜んでいる可能性も否定はできません。

父親や母親、もしくは祖父母などから、いつの間にか受け継いでしまうというのは、ない話ではありません。100%全ての人が遺伝とは言い切れませんが、遺伝というのは伝わりやすいために、それも理由の一つにはなります。外見である用紙のことは気にしますが、内側のことは後回しにしがいなのが人間です。

しかし内側の、ホルモンのアンバランス模様員となります。ホルモンは目には見えないですし、分量もバランスも肉眼で確かめることができないだけに、何かのサインで気がつくよりほかありません。ホルモンバランスが崩れているときには、目に見えてわかることは、体に体毛が多い時です。バランスが崩れているのは、男性ホルモンが多くなっているためです。

外からの刺激が原因になることも

外からの刺激が原因というのは、少し外性を感じることかもしれません。本来人間の体に体毛が生えているのは、外部よりのあらゆる刺激から守るという、大きな役割があったためです。まだ衣類も住まいも不十分な時代であれば、外からのあらゆる刺激から、とにかく体を守らなくてはならなかったのです。

今でもその働きはありますが、住まいも衣類も満たされた現代では、それほど重要な要素ではないポジションにもなっています。そうは言っても、日本には春夏秋冬があり、季節は移り変わりながら温暖の差も激しいお国柄です。真夏の日差しは紫外線が厳しいですし、真冬には体が冷える環境にもなります。冬の寒さにも、真夏の暑さにも、年間を通して降り注いでいる、太陽よりの紫外線からも、肌を守るために生えています。

それはより皮膚を守ろうとして、防御機能を働かせるために、環境などに応じてさらにパワーアップした毛量となることも考えられます。皮膚を守るために、体は守りに入ります。

濃いムダ毛を薄くする対策「生活習慣の見直し」

濃いムダ毛を薄くする対策として絶対に外せないことは、生活習慣の見直しというテーマです。一見すると関わりなどはないと思えるでしょうが、生活習慣が乱れるとホルモンも乱れますし、自律神経も乱れて、体毛も濃くなりやすいです。

過剰な飲酒やタバコを吸う習慣は、男性ホルモンを活性化させる要素となります。お酒はほどほどにして、喫煙習慣はこの際手放すことです。ストレスを溜めてイライラしたり、怒るというのはよくない行動であり、男性ホルモンを多く分泌させて、体毛を濃くさせます。ストレスは好きなことをして発散させるようにして、バスタイムでリラックスをするのもいい方法になります。

寝不足な日本人はとても多いですが、夜の睡眠は改善方法としても重要な要素になります。人間の体は深夜の睡眠で回復されますし、成長ホルモンも深夜に分泌をされます。だから夜は早めにお布団に入り、良い眠りにつきましょう。良い眠りによって、自律神経も整います。

濃いムダ毛を薄くする対策「女性ホルモンを増やす」

濃いムダ毛を薄くする対策として、ホルモンバランスの乱れでは、男性ホルモンが優位となっている状態です。そうとわかれば、男性ホルモンには負けないように、女性ホルモンを増やすことも良い対策となります。

女性ホルモンを増やす方法はひとつではなく、あらゆる方向からのアプローチで、効果を期待していくことができます。女性ホルモンをたくさん分泌させるには、食事の栄養も欠かすことはできません。特に女性ホルモンアップのは、良質なタンパク質を食事に取り入れましょう。女性ホルモンの分泌指令を出すのは脳であり、神経伝達物質を生成ためには、ビタミンB6の栄養も必要です。ブドウ糖をエネルギーに変えるためにも、ビタミンB1も摂取をしましょう。

副腎皮質ステロイドが、女性ホルモン分泌を妨げることもありますので、それはストレスを手放すのが大事です。ストレスを発散させるためにも、香りのよいアロマも取り入れて、女性ホルモンを増やしましょう。

濃いムダ毛を薄くする対策「処理方法を見直す」

薄くしていく対策としては、これまでのセルフで行ってきた自己処理を、見直していくことも大切な要素となります。特に自分では気になるものですから、頻繁に露出をしているパーツは、手軽なカミソリ処理をするケースは多いものです。

それに加えて、数本であればピンセットを利用して、引き抜くという手段も行います。処理をするコストとしては、お財布にとっても無理のない方法です。使い捨てのカミソリは、ドラッグストアでも安売りをしている商品です。

ピンセットなどは1本購入をすると、半永久的に使用をすることができます。簡単な処理として長くカミソリ処理やピンセットでの処理をすると、皮膚は弱くなりますし、困ったことに毛も濃くなるという、負のスパイラルに陥ることになります。カミソリ処理をするのであれば、前後の皮膚へのスキンケアは欠かせないものです。しかし根本からの対処をするのであれば、カミソリを使用しなくても良い、脱毛を完了させることです。

Menu

TOP